JIKE STUDIO  林家正雀落語で笑う



「石田光男の世界展」開催中の JIKE STUDIO で林家正雀古典落語が演じられた。


林家正雀さんは、林家彦六最後の弟子であり、師匠彦六の怪談噺、芝居噺の継承者としても知られている。



画像



紹介のあと



画像



出囃子『都風流』が流れ、正雀さんが登壇。



画像



さっそくお客さんを笑わせる。



画像




画像




画像




画像




画像




画像



お仲入りのあとは 「怪談牡丹灯籠 お札はがし」



画像



古典落語をたっぷり愉しみました。



画像



特製の高座は演目(怪談)に合せて階段付きでした。


(へたな「落ち」です)



画像



口演が終わり、小坪さん(大坪さん人形)が笑顔でお見送り



画像



正雀師匠の怪談噺で暑い夏を涼しくするのもエコのひとつ



2011年6月25日
横浜市青葉区寺家町


関連

林家正雀@Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AE%B6%E6%AD%A3%E9%9B%80

JIKE STUDIO
http://tsuki-zo.jp/jike-studio/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック